FC2ブログ

心と魂と肉体を一つにまとめる【三位一体の手】

SMC行動医学の基礎
01 /26 2018


🍎SMC行動医学の基礎 vol.2🍎


《心と魂と肉体を一つにまとめる三位一体の手》


物事は三位一体になることで最大なる力を発揮します。

例えば子供の成長においては
『子供=親=先生』が一つになると健やかな子供の成長が望めます

私たちの肉体においても
『心=魂=肉体』が三位一体にがっしりと揃うことで健康になり心も安定します。

この3つのバランスが整わないことが原因して、体調不良や不安、イライラ、情緒不安定、うつなどの不具合を引き起こしていることがとても多いのです。

こうした三位一体を一つにするのが、以下の図の通りです。
基礎05

手に数字や形をイメージしていくのは、初めは難しいかもしれませんが、何度もやってみてください。
この力が土台となって、次第に自分の中に心地よい変化が訪れてくることを実感できるようになります。

スポンサーサイト

SMC行動医学療法のあゆみ

SMC行動医学の基礎
12 /31 2017


🍎SMC行動医学の基礎 vol.1🍎



《SMC行動医学療法のあゆみ》


SMC行動医学の研究が始まったのは、
1989年に古園井重敏先生に降りてきた「7つの天界エネルギー」がきっかけとなりました。

基礎01 

↑ クリックして拡大 ↑



1993年に神谷泰洋先生に出会われたのもこの研究を深めるための大きな出来事でした。

神谷先生は86メートルの断崖から落下したにもかかわらずかすり傷一つなく生還し、その後超能力を得られました。その超能力はライターもないのにタバコに火を付けたり、カメラにキャップをしたまま撮影したりと、さまざまな不思議な現象を引き起こしました。


そうした能力を使って予知や多くの人の病気や経済などの悩みの改善などもされ、たくさんの人々を助けられました。しかし、神谷先生ご自身もそのパワーの源がわからず、古園井先生に「この超能力を解明してほしい」と遺言を託され亡くなったのだそうです。

また、神谷先生は「僕は阪神の地震を止めている」と言われていましたが、亡くなったその10日後に本当に阪神・淡路大震災が起こったというエピソードがあります。これには古園井先生も改めて神谷先生の能力を信じることになったのです。


神谷先生のエピソードについて詳しくはこちら


SMC行動医学研究所・SMC高次元セミナー議事録より)



⭐️SMC行動医学研究所オフィシャルホームページ

http://smc-lab.com



SMC行動医学研究所

・オフィシャルホームページ
 http://smc-lab.com/
・事務局へのお問い合わせ
 info@smc-lab.com